🌌グレイ(宇宙人)は人類に対して完全に敵だが、♨人にとって同盟で味方で彼らの召使(下僕)


グレイ(宇宙人)、この種族は人類に対して完全に敵対的であり、せいぜい、彼らは友好的なフリをして結果として武装を解除させ、人間を破壊するだけである。

精神的で瞑想している人の多くは、彼らを見て、彼らを止めようとしているか、または否定的な出来事に関連して、彼らを見たと報告しています。

ユダヤ人にとってグレイは味方だ、彼らは敵と同盟しており、彼らはその召使(下僕)いなのだから。

ユーフォロジー(UFOlogy)にも記録されているグレイズは、この地球上を頻繁に散歩しています。

あらゆる古代文明の人々は、ほとんどの場合、恐怖の中で、彼らについて話してきました。
古い彫像や置物に描かれていて、赤ちゃんを産み、巨大な頭と典型的な虫の目をしている姿が描かれています。

これらは、時の流れの中で、特にアフリカや中米であらゆる種類の人々を奴隷にしてきました。

デイビッド・アイクは、彼がやった大部分のデタラメ以外のデタラメではないことの一つは、アフリカのズールー族の神父に、彼が見ている「神」の絵を描いてもらうことだった。

特に過去のズールー族は、誰よりも生け贄を捧げ、血の儀式を行うという点で、非常に残忍であった。
ズールー族の聖職者は、爬虫類に見える宇宙人を自分の「神」として描き、彼が交流しようとする「神」として描いた。
もちろん、ズールー族と彼らがしていることは、これらの間抜けな宇宙人に生きた生け贄を提供することだ。これは一般的に、彼らがいつも人間性を維持するレベルです。
ゼロの開発、終わりのない野蛮化、野蛮状態にして、そして食料源として彼らを維持する。

彼らが現れるたびに、彼らは人間の生贄を要求し、文化的システムは強制的に排除され(異教の人々に起こったように)、犠牲者たちは不自然で、生命を憎む破壊的な道に入っていきます。
それは、彼らがアストラル(幽界)にも存在する種族であるからであり、彼らは血の犠牲から食物を得ており、彼らはまた上でも下にも、彼らと「競争する 」ために他の人々がこのレベルに達することを望んでいません。

ズールー族とは対照的にドゴン族がいます。
彼らは我々の神々に従っていたので、他の者に犠牲にされるのを避けるために、アフリカから護衛されてきました。

イスラム教、キリスト教、ユダヤ教は、血を犠牲にする強迫観念的なカルトです。人も家畜も同様に最も奇妙で表面的な大量の血の犠牲の中での方法で虐殺されます。

ネイティブアメリカンでは、ハイジャックされた後、アフリカの一部の場所でも、彼らを「なだめる」ために、自分たちの子供を犠牲にしている。
通常、これらの文化的な注入が行われた時点で内戦が勃発し、ある派閥が生き残ってこれを終わらせるか、あるいはこのくだらなさが無期限に続くかのどちらかになる。

また、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の著者でもある。定義すると、これらのプログラムは、自分たちのより大きなアジェンダ、つまり個人的なアイデンティティや意識を持たないボーグのマインドの種の心を覆い隠すための宗教的、政治的な隠蔽の覆いにすぎない。

今のグレイ人は単なる奴隷民族に過ぎないが、数百数千年前(これは私たちには関係ない、ただの一般的な歴史のために)には、宇宙への基本的な「進化」を持っていた人型の中上級種族だった。
我々の言葉で言えば、火星の植民地化レベルの技術的進歩と考えてください。 彼らは戦争に乗り出し、爬虫類人との戦争に敗れた。彼らがすでに爬虫類と一緒にいた他の「グレイ」に攻撃されたかどうかは、もっともらしい。


彼らはこの戦争に敗れた後、奴隷にされ、遺伝子操作で子孫を残せない種族にされ、頭にインプラント技術を移植して、個人の意思を持たないボーグにされた。スタートレックが正しいことの一つは、ボーグという種族が存在するということがあります。
ボーグは、「ジョイン・ユー」(Join Us・私たちに参加する)の「友好的」なマント(外套)であり、マント(外套)を投げ捨てて、これらのエイリアンの概念の技術的な文字化に適用された実際の共産主義になるまでは、「友好的」なマントである。


これらの概念は、彼らが乗っ取ろうとする種族の文化に注入され、これらを根付かせ、後に侵略へと開放させます。グレイは、直接戦争をあまり好まないので、文明を洗脳する道を取り、爬虫類人に従って彼らを落とし穴に導き、適合するならば、他の生物もまたグレイに変えるために導きます。
現在、彼らは爬虫類人の直接の支配下にあり、爬虫類人が外部にある手や足やコンピューターを支配するように彼らを支配している。いろんな大きさと形で知られているグレイは決して信用してはいけない存在であり、彼らは意地悪で唾を吐くような、人間を嫌う種族である。

脳を持たない愚か者の多くは、彼らの天使の魔法とユダヤ人の霊性に従事し、グレイは常に現れて、彼らを「助ける」よう熱望しています。
グレイは人類が霊的に進歩することを望んでいないので、重要な霊的知識を与えることはなく、彼らは常に直接の介入、目撃、または文字通りの戦争によって、我々の文明を後退させてきました。
敵のトップ「オカルト主義者」だったアレイスター・クロウリーは、「エホバ」を描き、チャネリングし、そこから描いた絵はグレイの宇宙人の絵でした。
「イエス」が呼ばれると、大抵の場合、これらの「召命」に従事する愚か者たちを「迎える」ために、再びグレイの宇宙人が現れるのです。

上記のアジェンダに関して最も声高に主張するユダヤ人の1人は、ラエルという名のカイク(ユダヤ人の侮辱的意味kike)で、ラエリアンムーブメントを創始した。このラエルは、全ての宗教が一つの世界宗教、一つのシステム、一つの政府、一つの人種(もちろんユダヤ人は除く)に融合することは、極めて重要なことであり、これが達成された時には(これはシオンのユダヤ人の計画です)、このプロセスの背後にいる真の主人(爬虫類とグレイ)が現れて、人類を奴隷にしてボーグに配置させることになると、はっきりと認めています。
ユダヤ人のラビ達は、この時、「地球は頭にテフィリンを被る」と言っています。テフィリンは基本的に立方体の技術構造体で、上記のことがすべて終わったときに、グレイと爬虫類人が自分たちのボーグに「組み込む」ようになる。

失敗の可能性を最小限に抑えるためには、おそらく、地球の単一種族の創造の方が良い。
これは、文化的にも遺伝子的にも同化が容易になるでしょう、そして、本質的にコロニーと呼ばれるニワトリのように人々を集めて食べるための安定した場所を作ることができます。そうすることで、彼らはここにいるヒューマノイド種を彼らの集合体に扱いやすくする「統合 」を信じるようになるだろう。

すべての有名な「天使のような」名前の背後にある他のオカルト主義者たちは、これらが召喚されたり現れたりすると、あらゆる種類の宇宙人のグレイやレプティリアンを発見しています。
私が以前ジューチューブ(ユーチューブのもじり)で動画を公開していた時、私はトップのラビのイェルシャルミ(Yerushlami)告白を投稿しましたが、グレイ達がいかにビッグブラザーであるか、爬虫類は基本的に瞑想の手助けをしてくれる「グランドマスター」であるかについての告白でした。このラビの話は、古代の宇宙人(Ancient Aliens)で放送され、嘘と真実を混ぜて誤魔化そうとしていましたが、そこでも彼は聖書の中の「天使」が爬虫類人であることを暴露していました。


敵とベッドを共にしている他のオカルト信者も、彼らを見たり、彼らと関係を持ったりしていると報告し、彼らはいつも彼らに堕落した、あるいは効果のない情報を与えている。彼らは価値のない奴隷種族であるため、「霊的な」人々に熱心に現れて、彼らを騙したり、誤解させたり、さらに悪いことには彼らに危害を加えようとする。

多くの人は、グレイは愚かだとか弱いとか言っています。これは不正確です。
彼らは「賢い」とは言えませんが、ある種の「集団知性」を持っています。彼らは遠くでは不正確ですが、物理的な近くに居るならば、彼らは非常に強力であり、彼らのテレパシー投影は、ほとんどの人々を即座に気絶させるか、または眠りに落ちるようにすることが出来ます。あまりにも長い間これらの間抜けな存在と出会い、その上に住んだりした人々は、生涯に渡って傷を負い、彼らによって拉致された人々は残忍な実験がをされています。

それはエリア51と52で知られているが、彼らはネバダで発見したグレイを持っており、彼らは彼らエイリアンの技術を分析しており、また、他の多くの遺跡もペルーのナスカで発見されています。

グレイ族は技術的にはそれなりに進んでいるが、最も「技術的に進んでいる」とは言えない。
グレー人は奴隷であり、マインド・レス(心がない)な人種であるため「技術的唯物論」を実践するだけなので、「文化」はありません。

明らかに「神のような存在」ではないが、精神的には人類よりはるかに優れている。
彼らは政府を支配しており、脅しや脅迫のために特定の大統領や、その他の人々と会いに行っています。ボーグであるため、間違いや誤作動を犯し、実際にはそれほど「賢い 」とは言えず、これが彼らが「遅延応答」を持つ理由である。
このような反応の遅れは、幸運にも遭遇できなかった多くの人々によってマップされている。彼らは、共通の心を共有して持っているようですが、個人の心はありません。

彼らは、個人の意識に似たものというより、むしろアリのように働く。これは彼らを遅く、愚かにしますが、それは彼らに個人的な思考や反乱を起こす能力のない、完璧な奴隷の種族にします。
また、グレイは生殖能力がなく、彼らには設定された「有効期限」があるか、彼らの脳内マイクロチップで殺すことができます。ナスカ・ペルーのグレイズでは、彼らは頭の中にこのプレートを持っていて、また、それらには「爬虫類の鱗」も表示されます。それらのいくつかは、爬虫類の遺伝子を持っている者もいるようですが、霊的に強化したり、主人に近づけたりするためです。

グレーは、「種」 というよりは、敵が征服した場所を敵がどのように変えるかを示すボッグモデルのように見える。バイオサイボーグのようなもので誰もが使い終わった後に作ります。グレーは「種」というよりも、敵が征服した場所を何に変えたかという、ボーグモデルのような気がします。バイオ・サイボーグモデルのようなもので、敵が征服した後に全員を変身させてしまうようなものです。

「パートグレイ」(Part Grey一部グレイ?)である神はほとんどいませんが、これらは、今は人間型であり、残りは悪党の現在は消滅した「プレグレイ」(pre-greys前のグレイ?)から来ました。これらは悲劇的に数が少なく、破壊されてしまいましたが、彼らはまた、自己意識と個人的な意志を持っていました。それはある意味では「グレイ」に何にも似ていない、大きな頭を持っていること以外は。これらから、そして遺伝子操作による残り者の遺伝子操作によって、我々の神々の一部が生まれましたが、 それはある意味では「グレイ」に何にも似ていない、大きな頭を持っていること以外は。


理由はともかく、グレイたちもまた、自分たちの味方やハイブリッドを憎んでいる。
ラビ・レイナの物語では、彼は自分の味方側の「トップ・ドッグ」(Top Dogs)を召喚し、オカルト戦争を行うように指示を得ようとする。彼がヒエラルキーの中で最初に出会った者たち(グレイ)は、ジュウ( jewユダヤ)を「無価値な虫」「生きた糞」と呼ぶ。グレイ族は自分たちの「選ばれた」種族すら憎んでいる。敵が自分たちと結論を出した時点で、ユダヤ人自身も同じ結末を迎えることになり、ユダヤ人はグレイと同じく一部・爬虫類である。

この地球上の人々は、今の状態ではグレイたちに「劣っている 」のですが、これは、これは真面目に精神的に修行している人や敵の親指の外で修行している人が少ないからです。

人々が何らかの保護を受けていなければ、グレイと敵は彼らを連れ出したり簡単に騙したりすることができる。このように人類全体は、この時点では彼らにとって「精神的な危険」ではなく、変化する潜在的な危険です。
しかし、潜在的には賢明です、はい、人間は彼らを追い払うか、自分の運命をコントロールすることが完全に可能ですが、人間は前進する必要があります。私たちの神々は、何千年も前から私たちの文明が彼らの卑劣な力の下にあり、関係する全員にとって負の方向に動いているので、その点で私たちを助けてくれます。

人々はこれらのことを気にしたり、気にしたりする必要はなく、無視して乗り越える必要があります。
「ラジオのようにチューニングする」がここのモットーです。これを頭に入れてディズニーランドを開けようとする馬鹿な連中は、これが時間の無駄であり、正気でないことにすぐに気付くだろう。彼らを凌駕することができ、間に合わせることができる。


私たちの世界が、彼らの親指を越えて動いているという大きな兆候は、私たちが前進しているということです。
一つには、宇宙計画を開始し、それを実現しようとした国家社会主義者の時代から、グレイ達は宇宙計画を阻止しようとしてきた。敵はあらゆる面で失敗していますが、そのため、彼らは長続きしない支配権を維持するために懸命にプッシュしています。人間は「95%の文盲の牛 」から、リビングルームで高度な知識を得られる機械を誰もが持つようになった。

これは素晴らしいニュースであり、私たちに進歩を見せてくれます。グレイとその「地球人」のユダヤ人種は、中世のすべての時代を通して支配してきました、当時の絶望的な芸術家たちの表現で示されているように、人類を極度の監視と支配下に置いている。結局、彼らは一連の革命と戦いによって追い払われた。

上記は人々が閲覧するためのものであり、人々が無意味なSF映画を作ったり、サタニズムを始めたりするためのものではありません。それが現実だからこそ記載されているのであって、人々が想像力を乱用したり、無意味な物語を作り始めるためではない。
私たちの敵は「下の方」であり、誰もがこれらが誰であるかを知っていますが、「上の方」の人たちについては、私たち自身の「上の方」によって対処されるでしょう。

上記は、意味のないSF映画を作り始めたり、サタニズムに冒涜的な言葉を作り出したりするためのものではなく人々が見るためのものです。それは現実だからであって、想像力を悪用して無駄なストーリーを作り出すためではありません。
私たちの敵は「下の方」であり、誰なのかは誰でも知っていますが、「上の方」にいる人たちには、私たち自身の「上の方」が対処します≫引用元はこちら


 ******

ん~難しいねぇ…(笑)

昨年の後半頃に、スピとかその仲間みたいな人達が「良い宇宙人と悪い宇宙人が戦っている」とか言ってたけど、それに似た内容なのかなと思いました。

スピらが言っている良い宇宙人はグレイ達の事で、悪い宇宙人が人類の味方の宇宙人?の事。何故ならスピは♨が作ったからね。

>そして「上の方」にいる人たちには、私たち自身の「上の方」が対処します。私たちの敵は「下の方」であり、それは♨やその宗教の事☆

難しかったね^^
宇宙で戦いがあるのと、グレイが地球上にも降りてきて♨と同盟組んでて、人類の敵だよって事であってますか?
( *´艸`)


321057.gif


この記事へのコメント