💡氣と気☆彡


「気」はなかの字がメですが、これはダメのメと思ってもらってもいいです。
ただ基本としては〆るから始まったとされています。
つまりこのメには閉じるという意味があります。

「氣」は中の字が米です。
これは食べ物の米という意味でもありますが、四方八方に広がっていくという意味であり、全方位でバランスが取れているという意味でもあります。

氣のほうが元氣が出てくる、氣が整う、そういう意味があるわけですが、ではどうしてこのように漢字が変わってしまったのでしょうか。
空氣も病氣もすべてこの漢字を使います。

どうしてこのように漢字が変わってしまったのでしょうか。結局ここでもアメリカが出てきます。
日本を劣化させるため、GHQの占領政策の一環としてはじまりました。

漢字というのは不思議な力をもっているなんていうらしいですが、そういうことを言ったり書いたりする人はスピ系か菜食派が多い。
これにはちゃんとした理由があり、マクロビや貴族支配に関係してくる歴史があります。

あなたの周りでも氣の漢字にいちいちこだわりすぎる人がいるかもしれませんが、そういう人を見たときまず第一に健康そうに見えません♪。
そしてそういう人ほど形にだけこだわります。

たとえば腐るの漢字は肉を食べると体が腐敗するとらえられますが、実際にはそんなことにはなりませんし、その言葉が普及したのには別の理由があります。

肉が酸性にするというのも実は部分的には噓なのですが、それが広まったのもある場所からです。

量子的なことを研究すると必ず言霊が出てくるのですが、言霊に関することはほぼすべての人が騙されているのが現状です。
ま、それも日本の支配者(アメリカじゃなくユダヤ)の思うつぼということでしょうか♪
引用元

氣とか體とかね^^
あぶなー、私も捕われそうだったー
難しい字を書きやすく簡単にしたのかもしれないけど、昔の漢字にはヒントになる事がたくさんあるって事ですね♪

あと、昔の地名にモその土地ならではの忠告が含まれてたりするのに、その漢字を変えちゃったり…
本当にユダヤに良いように振り回されてますね!
日本人は本来人が良いと思うので、つい信じて騙されちゃうのかも…💧
私も含め…苦笑

でも氣が向いたら良い漢字使おっと♪


321057.gif


この記事へのコメント