🌈「腸は第二の脳」ではなく「第一の脳」


現代の医学では、腸が脳に与える影響はとても大きく「腸」は「第二の脳」と考えられていた。
「人間の理性や思考をつかさどる中心は脳」だという考えが普通だった

腸が「第2の脳」と呼ばれる理由は? 目には見えない「脳腸相関」のメカニズム
腸は「第2の脳」と呼ばれる。脳と腸は、自律神経、ホルモンやサイトカインなどの情報伝達物質を通して、互いに密接に影響を及ぼし合っている。脳がストレスを感じると、自律神経から腸にストレスの刺激が伝わるので、お腹が痛くなったり、便意をもよおしたりする。腸が病原菌に感染すると、脳は不安を感じる。腸からホルモンが放出されると、脳は食欲を感じる。まさに、腸は「第2の脳」だ。

脳腸相関が科学的に説明できるようになってきています
腸内細菌のなかで神経伝達物資であるγアミノ酸(GABA)を産生する菌があることも確認されています。この菌が少ない子どもは、行動異常、自閉症などになりやすいとされています。自閉症の子どもに対して腸内環境の改善による治療が試みられています

   ***

ところが、現実は「脳と腸が相互に関与し合っている」というより、「腸が脳をコントロールしている」という可能性が強くなってきたのでした
「脳から独立した神経システム」を腸が持っているということ
「中枢神経系が形成されるより前に腸管神経系が現れたと仮説しているため、おそらく結腸内の神経伝達のメカニズムは「第二ではない」可能性がある。

これが真実ならば、哺乳類動物の脳は、まず消化管を通って食べ物を移動する事を学び、その後に脳は複雑な体系を取りあげているだけなのかもしれない

「腸内の異常は、理性や知性の喪失にも至る」という可能性

あなたの体は9割が細菌: 微生物の生態系が崩れはじめた
1. 自閉症の原因として色々なものが疑われている。破傷風菌類が腸内で繁殖することで、毒素を出してそれが脳に到達し、自閉症になるケースがあることが分かった。原因の一つは抗生物質の使用である。腸内の破傷風菌の繁殖を阻止する細菌類を抗生物質で殺してしまうことで、破傷風菌が繁殖する。

2. 細菌は体調だけでなく、精神にまでも影響を与えることがある。ラットがトキソプラズマに感染すると、恐怖心を失って振る舞いが変わり、猫の餌食になる。猫好きの人も猫にひっかかれることでトキソプラズマに感染し、性格が変わる。

3. 人の脳は乳幼児期に集中的に発達・形成される。その時の腸内微生物の様相によって性格は影響される。乳幼児期の抗生物質の使用は危険を伴うということを理解しておいた方が良いだろう。

5.自閉症に関して、特に生後18か月以内に抗生物質の治療を受けるのは最大のリスクとなるようだ。アレルギーに関しては、2歳になるまでに抗生物質の治療を受けた子供はのちに喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症を発症する率がそうでない子供と比べて2倍も高い。抗生物質を多く与えられるほどアレルギーになりやすく、4クール以上の治療を受けたこどもは3倍もアレルギーを発症しやすくなる。

「抗生物質により腸内の細菌環境が破壊されたことによる自閉症の発症」

「腸が理性をコントロールしている」
脳が健全で正常であっても、細菌を含む腸のシステムが破壊されることで「理性は消えていく」

「腸内のシステムが破壊されることによって起きているものがある」


「脳も腸にコントロールされている一部に過ぎない」
正確にいえば腸の「細菌」です。

人間の遺伝子が腸内の細菌にコントロールされているように、脳が支配していると思われてきた「理性」や「人格」さえも、私たちは腸内の細菌に支配されている可能性が高いようです
引用元はIn Deep

 *

腸内細菌が第一の脳!!
脳が健全でも、腸内細菌が 理性や人格や知能や…失われていくんだ!
腸内細菌って大事ですね。

食べ物が重要でしょ?
最近の世の中には農薬や遺伝子組換えや放射能や食品添加物など化学物質、家畜に使う成長ホルモンや抗生物質など、まったく腸細菌に悪里強しかない

香害問題、洗剤や柔軟剤 シャンプーリンスなどの匂いの化学物質も、肌の常在菌や腸内細菌に影響を及ぼすね

世の中、人類にとって害になる物ばかりじゃない??
私はこれらも、が犯人だと思います^m^

農協なんて、農薬を基準値使わないと引き取らないと農家さんに言うそうです。仕方なく農家さんは使い、自分宅で食べる用を別で作るそうです💧怖くないですか~??の汚いやり口ですね

私はシリカシンターで腸内細菌を守る様気をつけてるよ☆


関連する記事
過剰な消毒と殺菌が「人間の肺を破壊するメカニズム」

321057.gif


この記事へのコメント