🌈古代・中世・近世・現在と、♨は侵略し続けている!


ヨーロッパの歴史の流れ

ユダヤ人は、出没したほぼすべての国から追放され、虐殺され、追い出され、憎まれ、嫌われてきた。
ユダヤ人の最も古い主要な追放は、彼らが古代エジプトから追い出されたときです。


古代 ギリシア・ローマ時代から
人の侵略は始まっていた!
人々の間で人が、吸血鬼と寄生虫として認識されると、すぐに、その地域社会から追放された。
が、何度もしつこくは入り込み、そのうち国を乗っ取ってしまう、寄生虫のように。

古代ローマ時代
政治体制でもローマ人は現実主義者。
国が小さい内は王政。
国が大きくなってくると、みんなで話し合った方が合理的だから共和政。
もっと国が大きくなると、解決しなきゃいけない問題が多くなって話し合いではラチがあかない、だから帝政に。

やがてローマは地中海中を支配する。
あとにもさきにも、ヨーロッパが統一されたのはこの時代だけ。
賢い皇帝が続いた事ももあって、200年間の平和。

でもそのあとに内乱。
北からはゲルマン人(ではなく人の事。世間的にはっきり人と言えないから)という野蛮な民族が攻めてくる。
そんなとき皇帝になったディオクレティアヌスは力で国内を抑え込む(皇帝がに乗っ取られた)。
大統領が独裁者に変わったようなもの。
当然長く続くはずもなく、ローマ帝国は東西に分裂。

476年、西ローマ帝国はゲルマン人(ではなく人の事)によって滅びる。
ここから時代は中世に。
ちなみに東ローマ帝国はその後も約1000年間、ほそぼぞと生き延びます。

人は、古代ローマの時代にゲルマン地域にやって来た。 最初の彼らは訪問客のみでした。 しかし彼らは、主人の人々の、どうすれば利用出来るかという本質を理解しマスターしていた。
人々の間で人が、吸血鬼と寄生虫として認識されると、すぐに、その地域社会から追放された。

ローマ人がキリスト教(が作った宗教)に「変換」された直後に何が起こったかというと、本能は衰え、思考は自身の生き残りと進歩の為に苦労するのでは無く、空に居る恐怖を心配するように思考は変質し忘却に陥った、
歴史の現場から退いた。

自分自身が雑多な者になるのを許し、彼らの永遠の敵 ユダヤ人を認識しないという罰を受けた。
これは事は、自分の敵を認識しない事の結果であり、確認出来ない敵に対して自分自身を守る事は出来ないという事※

※ローマは人の融資銀行が、そこから北イタリア、そしてヨーロッパの他の地域へと広げた最初の中心でした※

※古代ローマ帝国は、上下水道や街道だけでなく、橋も造ったんたけど、その造り方が、現代と殆ど同じ。違うのは重機を使うか、使わないかだけだって。

それを知った時「人類って進歩していないし、古代の人の方が賢かったんじゃないか!?」と驚いた。

しかし、人類の進歩を遅らせ、尚且つ人類を洗脳して知能を下げたのはキリスト教。それを創作したのが。キリスト教は♨の宗教兵器と知って、今までの疑問が氷解した。古代ローマ人はキリスト教に負けたのだ※

中世ヨーロッパには
しっかりキリスト教(が作った)という価値観が根付いていた。ぶっちゃけの普通の人にとって国より教会のほうが大事なほどに洗脳されていた。
だから教会のトップ、教皇の権力は絶大。
キリスト教とは、国を乗っ取り吸血寄生するためにが作った武器である。

一方、そのころ中東では、
イスラム教(が作った宗教)が生まれて、国とむすびついて勢力拡大。
キリスト教(が作った宗教)の聖地エルサレムもイスラムの支配下に。

↑イスラエルはパレスチナ人の国だったものを、人が虐殺しながら乗っ取った!そしてが元からいたような顔をして世間を欺いて生きている。以前からあるイスラム教もが都合よく書き変えた。

エルサレムはイスラエルにある都市で世界最古の都市の一つ。
そして、ユダヤ教 キリスト教 イスラム教の聖市と見なされているが、これらの宗教はが自分達の都合よく吸血鬼と寄生が出来る様に作ったデタラメの宗教である。

『イスラエル国家のエスタブリッシュメント(支配層)は聖なるパレスチナの土地にやって来た時、他人の土地を占領して、抑圧的にみんな追い出した。現在もです。毎日イスラエル国家はパレスチナの人々に対して残虐行為を働いています。これは明確に禁止された犯罪行為です。』


中世の終わりに向かって
ほとんどのドイツの都市は繰り返しユダヤ人を追放しました。
彼らは常により大きな数で戻ってきました。

ユダヤ/クリスチャンバイブルの根底にあるテーマ全体は、大衆の心の中でユダヤ人の架空の歴史を確立することです
2000年間のユダヤ人の儀式の殺人

1.ユダヤ人たちは、異邦人の土地を侵略し、住民を虐殺し、土地を自分で奪うために「神」によって*権利*を与えられた「選ばれた人々」を自分たちと主張します。

2.ユダヤ人の人々はあらゆる国々の異邦人を侵略し、殺害し、彼らの神と宗教的教えを汚し、冒涜します。

3.異邦人はユダヤ人に征服されています。 異邦人男性は大量に殺害され、彼らの女性と子供たちは強姦され、奴隷として売られました。

古代~中世のヨーロッパの流れ


近世の後半のヨーロッパ
世界進出、植民地、資本主義が発展していった。

海外進出で得をしたのは、貿易にかかわった人たち。
自前の船で商品を運んだり、大農園を経営したりして、超のつく大金持ちになっていく。

これが「資本家」の誕生
こうして力をもった資本家たちが革命をおこし、近代に突入していきます⇒⇒人達ですね

そのころアジアでは貿易がさかんだった。
インド洋にはイスラム商人のつくったネットワークが、東アジアには朝貢貿易と倭寇による密貿易のネットワークがあった。
ヨーロッパはこれらの貿易ネットワークに仲間入りしていった。

だから日本にも鉄砲やキリスト教や金平糖が伝わる。アジアにもが入り込んできた!


近代の前半
市民革命と産業革命が起きる。

イギリス革命
アメリカ独立革命
産業革命
フランス革命
第一次世界大戦
第二次世界大戦

など…革命と言われるこれらはが侵略するために起こしていると言われてます。実際、世界中には侵略しているんです。


近代こ後半~近世のヨーロッパの流れ


高利貸しはローマ帝国の崩壊を引き起こしました。
そして、繁栄している社会が衰退することに関して共通点があるということです。
それは否定も無視もできません。:

つまり、ユダヤ人の影響力、高利貸しは基本的にユダヤ人の習慣であり、ほとんど常にユダヤ人によって諸国に導入されてきた。

今日でもこの惑星を運営している国際的な銀行家は誰ですか?それはユダヤ人です。
シオニズムやシオニストについて語る人もいますが、それは歴史をさかのぼります。
ユダヤ人は、その慣習のために、何度も何度も多くの国から追放されてきました。

その理由は、彼らの慣習、特に、彼らの金貸し/高利貸しをすること、受け入れ国の人々と交わり彼らの文化的規範に適応を嫌うこと、そして、その他の不愉快な性癖にある。

ユダヤと戦った人たち
ローマとシーザー
イングランド
フランスとナポレオン
北アメリカ
ロシアとニコライ2世
ドイツとヒトラー
日本とイタリア
リビアとカダフィ

日本も聖戦だったんですね^^
今度は絶対に勝つ!!!♪


特にドイツ ヒトラーは、キリスト教を敵とみなし戦い、国民から絶大なる指示を得ていた。そしてヒトラーはサタニスト。

自然・宇宙に人間を合わせるのがサタニズム。
人間のイデオロギー・観念に宇宙感を合わせようとしたのがキリスト教。人は科学を消し去る。

ヒトラーの経済政策や政治が上手く行ったのは、イデオロギー・観念ではなく科学に合わせたから。
科学とは宇宙の法則・生物の法則などを研究する学問であるから、発展すればするほど、政治経済の精度が上がる。

宇宙は、実際弱肉強食・強い物が残るだけで。
キリスト教の世界観とは全然違う。は人類に弱いことが美徳だと教えた。だから劣った者を、メディアでマンセーの記事を延々報道する。特に目障りなのが山本太郎。

だけは強い子孫を残すために血統を守ろうとするし、人類には人種交配を推進する。人種交配すると優生学的に、身体が先天的に弱い子、頭の弱い子、劣ったものが増えると♨は知っているから。

ナチスドイツは優秀な子供を増やそう、そして伸ばそうと考えた。
人は、人類の子供は劣った者を増やし、最低の教育を与えようとした。

同じ人種自体が最も種が強くなる。そして文化と人種は密接に関係する。
宇宙はひらすら多様性に進化する。それと各人種により、住みやすい土地ってのがあって。山に住みたい鳥も、水辺に住みたい鳥もいる

のワンワールドは、1つの人種にして、行動パターンを単純化させておきたい。弱く劣った奴隷にし、詐取し続けるために。

イデオロギー・道徳観念から考えるようにさせたのが、キリスト教。食わなくても生きていけます〜のスピ

現実・科学からベストな方法を選ぶのが、サタニズム。ちゃんと栄養価高いもの食え!サタニズム。

現実・理屈を捨て、感情のみで動く生物に人間を変えた。これがの陰謀の最上級のカラクリ。こういう陰謀はまだ誰も知らない。


関連する記事
向こうの神様(キリスト)とこっちの神様(サタニズム)

321057.gif


この記事へのコメント