🌈日本で変遷した病気の種類


様々な要因がありますが
おそらく食生活の変化によってもたらされました。

病気の種類が変わってきた
1950年代前半の死因は結核、呼吸器感染、胃腸炎、脳血管疾患、老衰でした。
ほとんどの死因が感染症であるという点

1950年代後半にはガン、心臓病、脳疾患に変わりました。
1950年代後半の彼らの特徴は、老人になるまで現代病にかかることはほとんどないということ。それでも70歳や80歳の老人はたくさんいました。
これらの傾向は、今も続いています。
残念ながら今はそうではありません。
こんな毒にまみれた世の中で長生きをするのは特殊な時代となりました。

1970年代にはアレルギーも増えました。
文明の変遷、生き方の変遷、食事の変遷と質、について考えることが必要です。
以前のような時代を取り戻すためには、私たちはもっと社会を変えるべく努力しなければなりません。
肉であれ魚であれ野菜であれ、質を選び化学物質を避けることが、病気にならないための第一歩なのであり、アレルギーなども軽減するための初歩的方法なのです。
一部引用


  ******

シリカシンター

ウイルス不活性化の仕組みは
体外のウイルス(飛沫や空中浮遊)には
シリカシンター原料のケイ酸塩(-電荷)が塵や微生物は(+電荷)であるので吸着し地面や床に落として無害化し

体内では
ウイルスが活性酸素OH-を使い増殖するもシリカシンターが生成するH+でOH-を無くし
阻止して殲滅する

高齢者の体に中は
活性酸素で充満しているので増殖するには最適の宿主

若者は体内に活性酸素が少ないので癌にもなりにくく新型肺炎 にもなりにくい



本当に回し者じゃないよ?w
だけどシリカシンターを押したくなるの。
本物だと思うから。
安価だし。
ニコラ テラスの消されたフリーエネルギーに匹敵する優れものだと思うから~
٩(*∂∀6)۶

この記事を読んだあなたはLuckyですよ♪
☆〜(ゝ。∂)ナンチャッテ


関連記事
現代人に不足してる必須ミネラル「ケイ素」٩(*∂∀6)۶

321057.gif


この記事へのコメント