🌌突然出現した奇妙な日本人☆


日本人はエイリアン?( *´艸`)

核DNAの解析の末「オリジナルの日本人が周辺アジアのどこにも見つからない」ことで日本人の出自が完全にわからなくなっている今だからこ言ってみる。この「突然出現した奇妙な日本人」とは、どのようなものだったか?

「日本人」 - 外国人はこの名称を付された民族に「何か理解しかねるものがある」という感じを持つことがあるらしい。

その感じから出たらしい質問に接した場合、私は大体、次のように答える。

「日本人は東アジアの最後進民族です。
先進・後進を何によってきめるか、どのような尺度を採用するかは相当にむずかしい問題でしょうが、たとえば数字ですね。

中国人は偉大な民族で、西暦元ゼロ年ごろ、すでに代数の初歩を解いていたのですが、
当時の日本人ときたら、やっと水稲栽培の技術が全国的に広がったらしいという段階、
まだ自らの文字も持たず、統一国家も形成しておらず、どうやら石器時代から脱却した状態です」

「この水稲栽培すなわち農業に不可欠なのが正確な暦ですが、ヨーロッパ人がメトン法(十九年七閏の法)を発見したのが紀元前四三二年、
一方中国人は紀元前六〇〇年ごろにすでにこれを発見していました。
中国人は当時の超先進民族です。

そのころの日本ですか?
縄文後期でまだ石器時代、もちろん農業も知りません」

「当時の中国と日本とを比較した人がいたとしたら、その文化格差は、まさに絶望的懸隔と見えたでしょう。
常にそう見られて不思議でない民族なんです。
それが何かの刺戟で恐ろしいばかりの速度で駆け出すというだけです。
いわば、人類史を駆け抜けて来た民族なんです。」



日本人は、近代の人類史に登場してから、ここにありますように、「恐ろしいばかりの速度で駆け出し始めた」のでした。

紀元前の日本人は、
>まだ自らの文字も持たず
という民族だったのが、その後の有史を壮絶に走り抜けてきた。

文字を持たず、物質的な文明に囚われていなかった縄文文化と、その文明の中の日本人は、
「きわめて右脳的な、あるいは《精神的な文明の中の民族》だった」といえると思われます。

当時、日本を取り囲む国々は、文字や数字に基づく文明を作り、その中国やヨーロッパは、つまり、「物質文明を発展させていった」わけです。これは縄文的な文明との整合性があまりない文明です。

できることなら、日本人は、そんな文明とは関わらずにいたかったけれども、その「試練の時」が、有史あたりから始まったのですね。
そして、近代に及ぶにつれて、

「日本はついに物質文明社会の頂点に走り向かう」ことになり、その後の日本人の世界文明と文化への発展の寄与は、
どれだけものすごいものだったかは、特に書く必要もないことです。


物質文明の中で、数多くのジャンルでトップを誇った日本人。
中国やヨーロッパが何千年もかけて進んだような道を、あっという間に大きく超えていく。
やろうと思えば、何でもできる。

しかし、そんな「物質文明の中を走り続けてきた歴史」の中でも、私たち日本人は、常に縄文時代と同じものを食べ続けた。
「食べるということは人間と宇宙をつなぐもの」
だと感じていますので、今の私たち日本人が、「縄文時代と食べるものが変わっていない」というのは非常に重要なことだと思うのです。

縄文時代と今の私たちは、食べ物の点で同じ宇宙とつながっている。

そして、これが、核DNAの調査からは、
「突然、この世に出てきたとしか思えない日本人」
が、この世に出現した理由だと思ったのです。

つまり、日本人が登場したのは、「物質文明とのガチバトルの試練をくぐり抜けるためだ」と。

同時にこのようにも思いました。
「もういいじゃない。走らなくても」と。
「日本人の精神性の根幹は、縄文時代に戻ること」だと思っています。

もちろん、縄文自体と同じスタイルの生活をするというようなことではなく、物質至上主義ではない右脳型の文明という意味で、です。
私たち日本人は、この文明史を激しく駆け抜けてきて、「もはや壁にぶつかって止まっていい段階」に来ているのではないかと思うのです。

日本の社会の精神性の病み方を見ますと、もう潮時ではないかと。
他の多くの民族の人たちは、今後も、物質至上型の文明に依存するしかないでしょうけれど、
日本人は、あるいは多くの先住民族の人たちもそうですが、われわれは本来的には物質文明の中に居続ける者ではないと思います。

良い悪いの問題ではなく、
日本人はとても違うのだと思います。

(一部抜粋の記事)


解析の結果、我々現代日本人の DNA は中国大陸の人々の DNA とは違うルートからの DNA が混ざっている事がわかった。

ということがわかり、結果としては、オリジナル縄文人の DNA はアジアのどこにも見つからないもので、まったく新しい場所から発生している可能性がある。
ということになってしまい、縄文人の出自は「ユーラシア大陸のどこからやってきたのかもわからず、調査も振り出しに戻ってしまった」ということになっているのが現状なのです。

要するに、今まで想像されてきた日本人の辿ってきたルートは間違いであり、最新の DNA 解析がはじき出した結果は、「日本人のルーツがまったくわからなくなった」ということなんです。

これが最新の科学研究によって得られた紛れもない結果です。
これまで、アフリカに現生人類が登場して、そこから世界に広がったルートの予測としては、ミトコンドリア DNA の解析からは、下のようなものでした。




しかし、日本人に関しては、このルートではなかった、と。
このルートだと、日本人は、いろいろな国からの DNA の反映を受けて当然なのですが、「それがそうではなかった」ということで、日本人がどこから来たのか本格的にわからなくなってきているということになります。

そして、国立遺伝学研究所の研究チームなどが、日本人のルーツして考えられる可能性をいくつかあげていますが、その中に、アフリカ大陸から(来た)まだ知られていない全く未知の DNA が縄文人として存在した可能性 というものがあるのです。

世界の人々がアフリカ単一起源のルートの中で世界に広がっていった「のとは別のルート」が存在した可能性がそれなりに高いと思われます。
つまり、もしかすると、「日本人はある日、突然、この地球上に登場した」可能性だってあるのではないかと。

(壱部抜粋の記事)

日本人として
面白い記事だった♪♪
٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)


関連する記事
🌌縄文人と現代の日本人の食生活がほぼ同じ☆
関連する記事
🌌日本人は世界最古の人類であり古代イスラエル10支族?
🌌人類を創造した宇宙人?アヌンナキとは・日本人とも関係があるって本当?

321057.gif


この記事へのコメント